■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

葬儀に適切なヒールの高さとデザイン【新宿、品川なら明日お届け可能】

現在、洋装の喪服が主流となっていますが、見た目で見落とし

がちなのが足元のマナー、つまり靴です。洋装用には黒のパン

プスが定番ですが、デザインや素材についてはあまり意識され

ていないのではないでしょうか?靴にもきちんとしたマナーが

あるので、しっかりと覚えておきましょう。

 

・ヒールの高さは6㎝程度
ご年配になると、ぺったんこの靴を履かれる方もいらっしゃい

ますが、低すぎるヒールはカジュアルとみられます。葬儀にお

けるマナーで見ると6㎝程度が適切とされており、高すぎると

派手になるので注意が必要です。

 

・ヒールの形はしっかりしたものを
ピンヒールなどは派手で喪服にも合わないので、四角でしっかり

としたものを選びましょう。

 

・素材は光沢の無いものを
布の素材が良いという方もおられますが、なかなか難しいので

光沢のない黒の素材であれば問題は無いでしょう。

 

基本の考えは喪服同様「華美でなく落ち着いたもの」になります。

もしも自身で判断ができない場合は、周りやショップなどで確認

しておきましょう。

 

 
礼服レンタル.com