■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州・中国・四国地方の広い範囲で交通規制が行われております。当店は山口県からの発送の為、交通状況によりましては、全国的に遅延が発生する可能性がございます。お急ぎのお荷物につきましては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

喪服のスカートの適切な長さは?【上野に翌日お届けできる礼服レンタル】

女性の喪服には様々なデザインがあります。喪服は普段の服とは異なり、

頻繁に買い替えるようなものではありません。久方ぶりに喪服を着てみ

たらスカート丈が以前よりも短くなっていた・・・なんてこともあるで

しょう。

 

喪服のスカート丈は膝上でも大丈夫なのでしょうか?これは一般的には

NGとなります。お葬式の時に着用する喪服は「極力肌を見せない」とい

う決まりになっています。悲しむべき席で、肌が極力見えないように隠す

というのは周囲への気配りやご遺族への配慮ともいえるでしょう。

 

スカートの丈については「膝が見えるかどうか」が一つの目安と言われ

ています。喪服を着る場では、立ったり座ったりの動作を繰り返すこと

も多いので「椅子に座ったときに膝が隠れる丈の方がよい」とされてい

ます。膝上丈だと、動作するときにどうしても膝が見えてしまいがちです。

 

最近では、礼装のマナーに触れる機会はほとんどなくなってしまいましたが、

お葬式以外の正装の場でもスカート丈は膝下がほとんどです。急な葬儀でご

遺族ではなく弔問客として出席する場合で、どうしても用意が間に合わない

ときは椅子に座ったときなどにバッグなどで膝を隠すと良いでしょう。これ

から喪服を購入される方は、ずっと使い続けるためには膝が隠れるような丈

を選ぶことをお勧めします。

 

 

礼服レンタル.com