■ お電話でのご注文時間について
9月23日~24日は、社内行事のため、お電話でのご注文を14:00までとさせていただきます。予め、ご了承くださいませ。
配送時間

初めての喪服は少し大きめを選ぶのがポイント【上野に翌日お届けできる礼服レンタル】

喪服はいつも突然必要になります。高校生までであれば、

冠婚葬祭は制服でOKでしたが、高校を卒業したらたとえ

学生であっても喪服一式は用意しておきたいものです。

 

ただし、喪服は季節問わず使用するといいますが、実は

暑い夏もしくは寒い服に使用するのが多いのです。大抵

の場合、お年寄りや体の弱っている方が気候の変化につ

いていけなかったことが原因なのでしょう。

 

「酷暑の夏」「極寒の冬」という両極端な時期に必要な

喪服。初心者はノースリーブ(半袖)ワンピースにジャ

ケット(長袖)のタイプがお勧めです。さらに、購入する

際には「大きいサイズ」を購入することをお勧めします。

 

とりあえず「今の自分」よりも一回り大きいサイズを選ん

でみてみましょう。冬は特にベストやカーディガンを着る

こともあります。また、数年たって急に必要になったとき、

サイズが大きい物の方が対処しやすいです。

 

では、夏はどうでしょう。通年着る喪服に裏地はつきもの

です。暑い夏は、この裏地も肌にまとわりついて動きずらく

なります。普段、夏の洋服はキャミソールなどの下着をつけ

ない人にとって、ぴったりとした喪服は大変です。こんな時

でも、大きいサイズであれば下着を着て調整しやすくなり楽

になります。

 

喪服初心者の方であれば、少なくとも10年は着られるベーシックなものを選びましょう。

 

 

礼服レンタル.com