■ お電話でのご注文時間について
9月23日~24日は、社内行事のため、お電話でのご注文を14:00までとさせていただきます。予め、ご了承くださいませ。
配送時間

喪服に合う帯を選ぶ方法【上野に翌日お届けできる礼服レンタル】

喪服においては、洋装での参列者がおおよそを締めているため、

着物でのマナーが分からないという方が多くいらっしゃいます。

帯の選び方についてもその一つではないでしょうか?

 

喪服の帯というと、大まかに黒喪帯と色喪帯に分かれており、

着物とどのように合わせるかによって格が変化します。喪帯は

「黒共帯」「色共帯」と呼ばれることもあります。黒の帯とし

ては名古屋帯や京袋帯が一般的です。名古屋帯は名古屋仕立て

と呼ばれることもあります。京袋帯の方は、一本の帯を夏冬兼用

で使用することができます。表と裏をリバーシブルに使うことに

より、夏にも冬にも使用することが出来るようになります。袷の

喪服、夏の喪服、どちらにも合わせられるよう、片面には袷用も

う片面には夏用の織りの帯地を合わせて仕立てています。

 

名古屋帯は、お腹に巻く部分の帯幅が半分に、お太鼓になる部分

は幅が広くなっています。中の部分には帯芯が入っていて、その

おかげでしっかりとしています。名古屋帯は、現代人には少し短め

の帯です。京袋帯の方が比較的長めですので、ふっくらしている方

は京袋帯を選ぶ方が安心かもしれません。色喪服と同じで喪帯の地

紋には、喪専用のものと慶弔どちらにも使わている地紋があります。

黒喪帯には「本紋、紗綾形紋、雲紋」といった慶弔どちらにも用い

られる地紋が比較的多いです。また、色喪帯には喪専用として使わ

れる「蓮華文、凡字文、般若心経文」などの地紋が多いです。

 

 

礼服レンタル.com