■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

喪服に合う帯の選び方とは 【横浜、川崎なら明日お届け可能】

喪服において、洋装の参列者がおおよそをしめているため着物の

着物の決まりごとについては分からないという方が多くいらっしゃ

います。帯の選び方もその一つです。

 

喪服の帯というと、大きく黒喪帯と色喪帯に分かれており、着物

(黒・色)とどのように組み合わせるかということにより格が変化

します。喪帯は「黒共帯」「色共帯」と呼ばれることもあります。

黒の帯としては名古屋帯や京袋帯が一般的です。名古屋帯は名古屋

仕立てとも呼ばれます。京袋帯の方は、一本の帯を夏冬兼用で使用

することが出来ます。表と裏をリバーシブルに使うことにより、夏

にも服にも使用することが出来る帯です。どちらにも合わせられる

よう、片面には袷用もう片面には夏用の織りの帯地を合わせて仕立

てています。

 

名古屋帯は、お腹に巻く部分は帯幅の半分に、お太鼓になる部分は

幅が広くなっています。中の部分には帯芯が入っていて、そのおか

げでしっかりとしています。名古屋帯は現代人には少し短めで、京袋帯

の方が比較的長めなので、ふっくらしている方は京袋帯を選んだ方が安

心かもしれません。色喪服と同じで地紋には、喪専用のものと慶弔どち

らにも使用される地紋があります。黒喪帯には「本紋、紗綾形紋、雲紋」

といった慶弔どちらにも用いられる地紋が比較的多いです。また、色喪帯

には喪専用として使われる「蓮華文、凡字文、般若心経文」などの地紋が

多いです。

 

 

礼服レンタル.com