配送時間

葬儀での正座は続けるべき? 【横浜、川崎なら明日お届け可能】

仏教式の葬儀では、畳の上で正座を強いられる場面が少なく

ありません。静粛な葬儀の場で、慣れない喪服に身を包みガ

チガチになりながら、長い読経の最中正座をし続けるのは、

現代人にとってはなかなかの苦行です。

 

マナーの面で正座が相応しい姿勢であることは確かなのです

が、苦痛が過ぎて疲れて立てないまでになっては途中で足を

組み替えるよりもみっともない姿を晒すはめになります。

 

誤魔化しようのない失敗をしてしまう前に、我慢の限界を超え

そうなときはすぐに足を崩しましょう。

 

場の腑に気によっては葬儀が始まる前に、辛いようなら最中に

足を楽にしても構いませんと、住職直々に一言言葉をかけても

らえることがあります。

 

仏教に造詣が深い専門家の考えをもってしても、葬儀中の正座

の中断は問題ないこととして判断されます。

 

葬儀には喪服をはじめ守らなければならないルールがいくつも

ありますが、正座厳守が優先される順位はほかのルールに比べ

て高くありません。痺れてどうにもならなくなる前に崩すか、

勝手に行うのが気にとがめるようなら初めに喪主に相談して許可

を取るなり椅子を借りるなりしておきましょう。

 

 

礼服レンタル.com