■G20大阪サミット開催による交通規制について
6月28日~6月29日は、「G20大阪サミット」開催の為、大阪市内や空港周辺を中心に大規模な交通規制が実施されます。そのため6月27日~7月2日の期間は、大阪府および兵庫県の一部ご注文がお受けできない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

どうして袱紗を使うのか 【生駒、大和郡山なら明日お届け可能】

ご祝儀や不祝儀を渡す際に使用する布のことを「袱紗(ふくさ)」と言います。

 

袱紗はご主義袋や不祝儀袋を礼服のポケットからそのまま出したり、

裸のまま持ち歩かないで済むよう、包むために使用します。

 

袱紗を使用することで、袋をうっかり汚してしまうこともなく、水引き

の形をきれいに保ったままの状態で相手に渡すことが出来ます。お金を

渡す時の心遣いとして、袋にまで敬意を払う袱紗の風習は日本人の奥ゆ

かしさの表れです。

 

袱紗には紫や赤、緑や紺など様々な色があり、袱紗を使用する場所に

よって適切な色が異なります。系統として祝儀を渡す時に使用するの

は赤や朱といった明るめの色を、不祝儀を渡す時には藍や灰といった

暗めの色を使用し、どちらにも使える紫は特に重宝されます。

 

形状は台付きに台無しに簡易式な袋状のものにと分けられており、格の

高さもこの順番で変化します。1つだけ購入するのであれば、1万円以上も

1万円以下の香典も包める上に包みやすい、台付きの袱紗を選ぶと良いで

しょう。袱紗自体は礼服専門店んでなく一般のスーパーなどでも1000円

前後で購入できます。

 

 

礼服レンタル.com