配送時間

葬儀での女性の身だしなみについて【川崎に翌日お届けできる礼服レンタル】

成人すると社会人として、大人としての女性の振る舞いに気を付ける

必要があります。特に葬儀などの席では周囲から「常識」があるかどうか

を見られます。中でも身だしなみには特に注意が必要です。

 

それは和装でも洋装でも関係ありません。まず喪服が洋装の場合、

ストッキングの色が黒であることや、靴があまり派手でないデザイン

の黒であること、お化粧が華美でないこと、髪をきちんとまとめて

おくことなど、基本的な部分は守るべきです。

 

和服の時も同様に、お化粧や髪型、靴などは注意すべきです。さらに

和装では歩き方や立ち振る舞いも気を付けなければなりません。そのため、

葬儀の場面だけでなく冠婚葬祭に出席するたびに和装を着用する場合、

先輩や身内に色々教えてもらいながらマナーや立ち振る舞いを学ぶと良いでしょう。

 

マナーは男性よりも女性の方が身に付けるべきことが多いのが現実です。

もちろん、数珠の握り方やお線香の上げ方、香典の包み方や渡し方まで

しっかりと身に付けておくことが出来れば、大人の女性として社会人として

しっかりとした対応ができるようになるでしょう。何とか25歳、遅くとも

30歳までには正しい立ち振る舞いを身に付けておきたいものです。

 

 

礼服レンタル.com