配送時間

招待状を作成する際は二重敬語に注意【大阪に翌日お届けできる礼服レンタル】

招待状を作成する際、敬語の使い方は注意すべきポイントの一つとなります。

相手を立てようとするあまり、ついつい表現に表現を重ねてしまいがちになりますが、

敬語のルールは礼服のルールと似た部分があり、過剰な装飾は是とされません。

 

一等格式の高い礼服が、礼儀を重んじるような場所には相応しいなどといって、

正しいマナーを知らずに極端な行動に出るようなことは避けましょう。過ぎたるは

猶及ばざるが如しで、格式高く見せすぎても、へりくだって見せすぎても、尊ぶべき

相手を軽視することになります。

 

先生にさらに様を付けるような、何々先生様という表現は、件の間違った敬語の

重複表現に当たります。先生がすでに敬意を表した言葉であるので、それ以上丁寧に

しようとせず、名前の後は普通に先生のみで締めくくるのが正解です。

 

一方で、社長や部長というのは肩書となるので、こちらは代表取締役社党などと、

まず肩書を示した後で、氏名を書いて様と綴ります。
こちらは肩書に様を付けないようにきちんと名前を記入しましょう。

 

 

礼服レンタル.com