配送時間

ゲストカードはどうやって書けばいい?【福知山、城陽なら明日お届け可能】

結婚式の招待状には、出欠を知らせる返信用のはがきと共に、自己情報を記す「ゲストカード」

と呼ばれるものが送られてくることがあります。このゲストカードは、式当日に受付で手渡すこと

によって、芳名帳の記入なしに出席を示すことができます。

 

ゲストカードが登場したことにより、受付で礼服を着た人たちが並ぶ姿は見られなくなりました。

 

ゲストカードには、氏名、住所、電話番号、メールアドレスの記入欄があるので、記入欄に沿って記入を

していきます。返信ハガキ同様、ご出席の「ご」など、頭に付く敬語表現は線や寿の文字で消すのがマナーです。

続くメッセージ欄には「おめでとう」や「お幸せに」といった祝いの言葉をしたためれば良いでしょう。

 

相手が親しい友人である場合は、もっと身内感のあるメッセージ内容でも問題はありません。ただし、第三者に

見られる可能性もあるため、悪乗りの過ぎるような内容は書かないよう注意しましょう。

 

記入の際には黒のボールペンや筆ペンを使用するのが基本です。ただ、必要に応じて不祝儀に使用する薄墨筆や

クレヨン、蛍光ペンを除いた範囲であれば自由に使用して構いません。

 

 

礼服レンタル.com