配送時間

結婚式でのNG服装に注意【津市、四日市市なら明日お届け可能】

結婚式の会場ではしばしば、これは?と思うような服装をしている人を見ることがあります。

端的に言えば、マナーが出来ていない服装の人です。明らかに結婚式に相応しくない格好なのに、

自身では気付いていません。あとで恥をかかないように、今回は結婚式での服装マナーについてお話します。

 

・白い服装
これは男女共通で言えることなのですが、白い服を着て結婚式に行くのは明らかなマナー違反です。

白は新郎新婦の色であるため、参列者が被ってしまうのは大問題です。白でないからといって、

淡いイエローやアイボリーの服を着用している人もいますが、写真を撮ると反射で白に見えてしまうので、

避けた方が良いでしょう。

 

・ファーや毛皮
冬の結婚式では、ドレスやワンピースにファーなどを付けたり、毛皮のコートを着ているひともいます。

一見問題なさそうにも見えますが、ファーや毛皮は殺生を連想させるため結婚式にはふさわしくないとされています。

 

・肌の露出
昼間の結婚式の場合、肩が大きく開いたドレスや短すぎるスカートの丈はマナー違反になります。

もし肌の露出があるドレスを着るときは、ボレオなどを羽織り、見た目に肌が出が出すぎないように注意しましょう。

 

 

礼服レンタル.com