配送時間

葬儀で着用できるネックレスについて【守山市、栗東市なら明日お届け可能】

葬儀や法要での礼装や装飾マナーは地域によって多少異なりますが、

一般的な常識はきちんと知っておきたいものです。

 

葬儀は不幸を偲ぶ場であるため、華美な装飾はNGとされていますが、西洋では

パールや黒の宝石を身に付けることが正式なマナーとされています。

 

国内の場合、装飾品としてはネックレスのみにした方が良いでしょう。また、パールの装飾にも

最低限のルールはあります。間違った認識をしていないか今一度確認しましょう。

 

よく利用されるネックレスですが、パールの色は白、グレーまたは黒が基本となります。

西洋では黒が正式だと思われがちですが、、一般的には黒が多く利用されています。

 

黒真珠は白真珠に比べて高価であるため、若い方よりは落ち着かれた年齢層の方にお勧めです。

形はドロップものではなく、なるべく丸形で大きすぎないものを選びましょう。身に付ける

体形によっても違いはありますが、喪服の場合6.5~9㎜くらいを目安にしましょう。

 

また、二連や三連のネックレスは「重なる」ということから不幸の席では良くないことを連想

させるため使用しないのが礼儀です。また、ロングなものは華美な印象を与えるため避けた方が

無難です。何より葬儀や法要では故人を偲ぶことを念頭に置いた身だしなみを心がけましょう。

 

 

礼服レンタル.com