配送時間

40代の女性が喪服を購入するときに注意すべきポイント【喪服なら、当店にお任せください】

年齢が上がってくると周りもご高齢の方となり、残念ながら葬儀に参列する回数も増えてきます。

これからのことを考えてしっかりとした喪服を用意しておきましょう。

 

40代になってきて今までと違うのは「喪主」や「喪主の妻」になる可能性が高くなるということです。

つまり用意する喪服で必要なのは、今までの準喪服や略礼服ではなくて「正礼服」となります。

和装なら五つ紋の入った黒生地の着物、黒共帯、黒帯揚げ、黒帯締め、黒草履(布製)に白衿の長襦袢、白足袋が必要となります。

 

洋装であれば、黒無地のアンサンブル、ワンピースかスーツ(中のブラウスも黒無地)出来れば長袖、もしくは七分袖。

スカートの長さも、準喪服なら許された膝丈ではなく、膝下からくるぶしまでになります。

 

衿も比較的詰まったデザインで、生地も光沢があったり透けているものは避けましょう。着まわしもできるタイプよりも、

しっかりとしたいわゆる喪服らしい喪服が良いでしょう。色も、若い子達の中に入っても落ち着いて見える漆黒を選んでください。

 

そして何と言っても、女性は体型が変わる年代となります。1~2サイズ上のゆったりとしたものを選びましょう。

40代で選ぶ喪服は、50代まで着られるように先を見て購入して下さい。

 

 

礼服レンタル.com