■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

喪中の結婚式は断るべき? 【須崎、宿毛なら明日お届け可能】

近親者が亡くなったときに死を悼み、身を慎む期間が「喪中」になります。

 

期間中は祝い事の参加を放棄して、慎ましやかに過ごすことが求められます。結婚式はまさしく祝い事なため、

行うことはもちろん、参列することも原則NGとなります。慎む故人が両親や子供であれば一年間、他の近親者

であれば約100日を目安に、予定していた式は延期して招待は欠席するのがしきたりの上で撮るべき行動です。

 

欠席の場合は相手に「喪中」とはっきりとは告げず、やむを得ない事情だとぼかして、式が終わってから

詳しく知らせるのがマナーです。

 

信条深かった各手の日本人に比べると、現在の喪中についての認識は曖昧な思考も見え隠れします。

親しい付き合いをしていた人でなければ、忌中である四十九日を過ぎていれば良いのではないかと落としどころを

見つけて割り切ってしまう人も少なくはありません。

 

とはいえ、一人でもできる正月祝いとは違い、結婚式は行うのも参列するのも個人の考えだけで出来ることはなく、

何をもって喪中とするかは相手の意思を問うていく必要があります。

 

縁起が悪いとする考えは現在でも続いているため、延期も欠席も意固地にならず受け入れましょう。

 

 

礼服レンタル.com