■12月の配送について
12月は、出荷量の増加と天候の変化によりお荷物が遅延する可能性がございます。ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

東京都での葬儀事情について | 礼服レンタル.com

東京の葬儀事情を考える

全国的にみて、圧倒的に人口が多いのが東京都です。なんとその数1300万人以上!日本の人口が、約1億2500万人(2015年調査)なので、実に10%以上が集中していることになります。そのため亡くなられている方も1年で120万人と多く、地方とは違った葬儀の事情があるようです。

 

葬儀の日程が通常とは違う

一般的には、亡くなられた翌日または翌々日に「通夜」が行われ、「葬儀・告別式」から「火葬」と進んでいきますが、その期間はおおよそ2~4日です。しかし東京においては、人口の多さから式場が抑えられないというケースが発生し、「通夜」までに1週間を要するということも珍しくありません。特に火葬場が閉まっている年末年始には、葬儀の依頼が集中し、10日以上待たされる場合もあります。また、期間が短ければご遺体をご自宅に安置することもできますが、長くなる場合は冷蔵保管庫などの特別な施設で安置しなければなりません。もし「亡くなられた」という一報が入って、すぐに駆けつけても葬儀まで会えないこともありますので、遠方から向かわれる方は確認が必要です。

 

直葬や家族葬を行われる方が増えている
このような事情もあってか、東京においては「直葬」を行われる方が増えてきているようです。直葬とは通夜・葬儀を行わず、すぐに火葬を行うことですが、しきたりを重んじる地方ではほとんど見かけることはありません。全国統計で「都会ほど小規模な葬儀を選ばれる」というデータがあるように、東京は「一般的な葬儀」と、家族葬や直葬などの「小さな葬儀」が同じくらいの割合になります。近所付き合いが希薄になっているなどの事情や、経済状況少子化などの問題もあると思いますが、今後もこの流れは進んでいくでしょう。

 

 

地元で葬儀を行う

「東京生まれの、東京育ち」という方は、思っている以上に少なく全体の54%です。(2017年調べ)つまり半分くらいのかたは地方出身者ですので、納骨する場所は都内ではないというケースも多く存在します。その場合は、亡くなられた後にすぐに「火葬」を行い、田舎に帰ってから供養するという形になります。現在は地元で就職をしない方も多く、親族が日本全国や海外にいるということも珍しくありません。そのため葬儀をすると連絡しても、急には集まれないというのが実際のところです。最後の別れを行う前に火葬をしてしまうのはさみしい気もしますが、やむをえないというところです。

 

通夜に参列される方の方が多い

地方では「通夜」は親族や近親者だけで行い、「告別式」に一般の参列者が多いという傾向がありますが、東京では逆になります。これは、式が行われる時間帯にも影響しています。日中に行われる「告別式」に対して、「通夜」はおおよそが夕方から行われます。仕事などで都合がつかない場合も、夕方であれば参列しやすいということですね。そのため休みを取ることが難しくても最後のお別れをしたい方は、通夜への参列を選ばれるということになります。ただ本来の目的は、故人との最後の時間を過ごすことです。親しい関係の方であれば、どちらにも参列したほうが望ましいので、時間の調整が可能なのでであれば、ぜひとも向かってあげましょう。
 
また首都圏での「通夜」には、参列者全員に「通夜振る舞い」が行われます。ひと昔前は亡くなられた方を偲ぶという意味で、故人と一緒に食事をすることを「通夜振る舞い」としていたのですが、人口が多い東京では、その部屋の確保をすることが難しくなってきています。そのため通夜でご焼香を行った後は、順次退席をし、その際に粗供養品を持ち帰っていただくといった、簡略化したものが一般的となっています。

 

喪服はどこで準備しているの?

少し前の時代には、喪服は大人になれば持っていて当たり前でしたが、合理的に生活をするスタイルが定着した現在では、レンタルをするという方が多くなってきています。最近では、大手衣料品メーカーなどもレンタルに参入してきていますので、「買う」時代から「借りる」時代にシフトしてきているといえるでしょう。ネットで調べると、即日レンタルができる店舗様をみつけることができるので、いくつかご紹介します。

 

・Amour アムール
池袋に店舗を構えています。基本、完全予約制ではありますが、急ぎの場合は連絡して即日利用できるということもあるようです。喪服は6000円台という価格帯で喪服を借りることができます。バックや靴などの小物も取り扱われています。
http://dress-delivery.com/

 

・ダンディエリア

六本木に店舗をかまえ、こちらも即日のレンタルが可能です。アクセスがいいので、都内では便利ですね。価格は2泊3日で、6000~8000円程度になります。ダブル礼服もご用意されています。

http://www.dandyarea.com/dress.html

 

翌日以降の利用なら、ネットレンタルがお得!

もし翌日以降の到着で間に合うのであれば、ネットショップでのレンタルがお得です。おおよそのショップが15~16時までに注文すれば、すぐに発送してくれますので、早ければ翌日からの利用が可能です。コスパは圧倒的に優れていますので、利用して見られてはいかがでしょうか。

 

対象となる地域

足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、奥多摩町、日の出町、瑞穂町、檜原村