■12月の配送について
12月は、出荷量の増加と天候の変化によりお荷物が遅延する可能性がございます。ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

喪主は誰が行うべき?【大津市、草津市なら明日お届け可能】

男性はモーニングコートや黒紋付羽織袴、女性であれば黒のフォーマルドレスか五つ紋付きの黒無地着物という、

最も格式の高い喪服に身を包み葬儀の場を仕切るのが喪主の役割です。

 

身にまとう喪服の用意から始まり、通夜や葬儀の事務処理、弔問客や僧侶への対応など、喪服の仕事は数多くあります。

 

現在では、一般的に喪主は故人と最も縁の近い者が行います。故人に夫婦関係があった場合はその配偶者が、

次点として夫婦の子供が務めることになっています。子の次は叔父や叔母、いとこといった親戚縁者に友人と、

故人との繋がりが強いものを順に辿って喪主の座は移ります。

 

かつては長男が喪主を務めるべきという風潮もありました。しかし、家督継承の形式が多様化してきた昨今では

長男の特別性が薄れ、故人と暮らした時間の最も長かったものが喪主を担うケースが多くなってきました。

 

また、喪主はかかりの負担がかかるため、配偶者と子供の共同で喪主を務める葬儀スタイルも徐々に浸透しつつあります。

 

 

礼服レンタル.com