■12月の配送について
12月は、出荷量の増加と天候の変化によりお荷物が遅延する可能性がございます。ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

法事での服装マナー【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

法事での服装マナーはその回数によって変わってきます。葬儀と同日に行われることの多い初七日の法要から始まり、

四十九日に初盆、一周忌となるまでは一般的な喪服や略礼服を着て臨むことになります。男性も女性も葬儀で着た服を

そのまま着ておけば問題はありません。

 

三回忌以降は平服でも良いといった風潮もあり、礼服ではなくダークスーツを選択する方も多いようです。

そのため、礼服を着ていると逆に浮いてしまうこともあります。黒以外にもグレーや濃紺も対象に入るため、

黒一色の光景は崩れ始めるでしょう。

 

ただし、ここで注意すべきポイントがあります。それは、派手な色のネクタイやアクセサリーはそのまま使用できないということです。

平服を言葉通りのままの意味でとらえ、日常的に着るカジュアルな服を選んでしまうと場違いも甚だしいレベルで浮くことになります。

 

葬儀とは異なり、法要は遺族も洋装を選ぶことが多いです。そのため格式の違いが分かりにくく、関係の近い者のみが集まり

雰囲気も自然と着やすいものになりがちです。あくまで法要であることを忘れず、大人としての態度で慎みを持って行動しましょう。

 

 

礼服レンタル.com