配送時間

社会人が行うべき訃報の対応とは【東広島、呉なら明日お届け可能】

訃報と聞いてまず行うことは何でしょうか。学生であれば親に丸名でして対応してもらうことも可能ですが、

社会人ともなればそうはいきません。きちんとした大人の対応が求められます。

 

まず、電話で突然の訃報を告げられたのであれば大人のマナーとして、決して死の状況を根掘り葉掘り聞かないことです。

お悔やみの言葉を簡単に述べ、通夜・葬儀・告別式の日時を確認します。また葬儀は仏式か神式かなどを聞いておくことが重要です。

 

故人と血縁関係にある場合や、特別親しい間柄だった場合、訃報を聞いたらすぐに駆け付けましょう。

女性であればお手伝いができるように白地のエプロンをもって訪ねると良いでしょう。男性であれば、

普段使いのネクタイから黒のネクタイに付け替えておきましょう。通夜の場合、多少の柄付きネクタイでも

問題にはなりません。

 

もし、通夜や葬儀に駆け付けることが不可能な場合は弔電の手配をします。社会人としてここまでできれば

誰からも悪く言われることはありません。

 

 

礼服レンタル.com