配送時間

結婚式で祝電を送る時のマナー 【有田、御坊なら明日お届け可能】

結婚式の呼ばれたのに用事があって欠席を余儀なくされた場合は祝電を送りましょう。

祝電は披露宴の席上、司会者が読み上げることが通例となっているので、より多くの祝電が届くと

結婚式の雰囲気が盛り上がるので非常に喜ばれます。

 

そこで今回は祝電を送る際に忘れてはならないマナーについてお話します。まず、お祝いの席なので

使ってはいけない言葉が存在します。その言葉とは、別れを連想させる単語です。主に下記の言葉の使用は厳禁です。

 

「別れる」「離れる」「壊れる」「消える」「戻る」
さらに、再婚を連想させる言葉も忌避しなくてはいけません。

 

「たびたび」「重ねて」「しばしば」
間違っても、上記の言葉を使うことは遠慮してください。無知のまま
こうした言葉を使うと、悪意があると勘違いされかねません。

 

また祝電を送る時間も配慮が必要です。結婚披露宴開始の1時間前までには届くように手配しましょう。

早すぎたり遅すぎたりすると、披露宴で披露される可能性が低くなりますし、新郎新婦にも届かない

という事になる可能性があります。招待状を確認しきちんと時間の把握に努めましょう。

 

 

礼服レンタル.com