配送時間

喪服に合わせるネクタイの選び方【渋谷に翌日お届けできる礼服レンタル】

男性が喪服で洋装を着る場合、ネクタイもマナーに則った配慮が必要になります。正喪服にしても準喪服にしても、

いずれのネクタイの色は黒が一般的で、なおかつ無地であることが必要となります。

 

普段みにつけているようなストライプ柄や黒以外の派手な色のものは、喪服のネクタイとしては不適切なので慎みましょう。

 

ただし、親族以外の立場で急遽仕事先からお葬式に出席するなどの場合であれば、ダーク系のスーツを
略式的な喪服としてお使い、ネクタイを地味目なものを付けているのであれば、通常着用しているものでも大丈夫なこともあります。

 

とはいうものの、時間的な余裕が少しでもあるのであれば、スーツはともかくネクタイは黒無地のものと交換しておいた方がマナーに

即した形に近くなるので、出来ることなら直前に交換するようにしましょう。また、あまりにも急でシックなネクタイが準備出来ない

という局面に至った場合にのみ、略喪服にノーネクタイという形が許容されます。

 

しかしながら、いずれにしても喪服、ネクタイにはシンプルかつスマートな黒無地を選ぶのが一番間違いありません。

 

ちなみに、タイピン等の光る装飾品はつけずに締めることが大切です。さらにはネクタイを結ぶ際にはディンプルを作らないようにもしてください。

これもまた過剰な華美を抑制して参列するお葬式のマナーなのです。

 

 

礼服レンタル.com