配送時間

喪服を収納するときに注意すべきこと【桑名市、 鈴鹿市なら明日お届け可能】

喪服に限らず、スーツも同様ですが、収納の方法によっては型崩れがおきたりシワになっていることがあります。

そこで今回は、喪服を収納する際に注意すべき点についてお話します。

 

・クリーニング後の状態では収納しない
よくやってしまいがちなのですが、クリーニング後の袋に入れた状態での収納は要注意です。ビジネススーツと比べ、

喪服の利用頻度は圧倒的に少ないです。

 

そのため、収納時には喪服になるべくストレスのかからないようにすることが重要です。また、クリーニングの袋は、

風を通さないため湿気がこもりやすくなります。カビを生やさないためにも、袋は取っておきましょう。

 

・ポイントはハンガー
喪服のハンガーは喪服にピッタリ合うハンガーを選びましょう。これがなによりのポイントです。特に注意すべきは肩です。

喪服は以外と重く、時間が経つにつれ負荷がかかり肩の位置から崩れてきます。これは結果的にシワの原因にもなるので、

しっかりとしたハンガーを使うことをお勧めします。

 

 

礼服レンタル.com