■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

着物で葬儀に参列する際の適切な足袋の色は? 【丸亀、三豊なら明日お届け可能】

葬儀に参列する際の服装で「着物」を選択する場合、親しみ深い靴下のではなく「足袋」を履き、靴の代わりに「草履」を履くことになります。

着物の購入時には着物の購入時には、忘れずに一式揃えておきましょう。
※うっかりの心配がない、セット売りの購入が便利です。

 

靴下のように、足袋にも様々な色や模様がありますが礼服には決まった色を使います。
女性は「白」で男性は「白」か「黒」です。

 

白の足袋は汚れが目立ちやすいので、使用後はすぐに洗濯し清潔に保管しましょう。また、履くときは目立つ黒ずみがないかどうか

よく確認してから履きましょう。

 

足袋の生地は、大体絹か綿かナイロンかに分かれます。

最も一般的なのは綿で、葬儀の着物に合わせてもよく使われます。

 

礼服用足袋には、こはぜと呼ばれる留め金が五枚になっているという特徴がみられます。通常の足袋は四枚で、こはぜが一つ増える分、

五枚こはぜは足袋をピシッと美しく見せ脱げづらくする効果があります。

 

慣れていない人にも履きやすい仕組みとなりますので専用のものを求めておいて損はありません。

 

 

礼服レンタル.com