■12月の配送について
12月は、出荷量の増加と天候の変化によりお荷物が遅延する可能性がございます。ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
配送時間

日本にも存在していた白喪服の文化 【青葉、都筑なら明日お届け可能】

喪服といえば真っ先に思い浮かぶのが「黒い服」だと思います。一般的にも喪服は必ず黒でなければならないという風潮が

浸透していると思います。しかし、実際はそうでもありません。日本には喪服は「白」という文化が昔より根付いてもいたのです。

諸説ありますが、白い喪服を用いる場合は未亡人が多く、永遠の伴侶である夫の死後も、夫以外の他の男性とは再婚しないという誓いを

体言したものであると伝えられています。

 

ですから、必ずしも喪服は黒でなければいけないというルールは、本来日本の葬儀の中には存在しなかったわけです。

では、どうして白文化が珍しいものになっていったのでしょうか。これもやはり色々な説が残されていますが、現在有力と考えられているのは、

明治維新以降、西洋文化の大量流入により西洋の葬儀=喪服は黒という概念を模倣したのではないかと言われています。

 

いずれにしても、白であれ黒であれ、故人を偲ぶという気持ちこそが何より大切なのですから、あまり神経質になることはないのかも知れません。

とはいうものの奇異な格好で葬儀に参列し、遺族や他の参列者に不快な気持ちを与えてしまっては本末転倒ですので、

現行の常識にならって黒い喪服を一着用意しておくというのがやはり無難なのかも知れませんね。

 

 

礼服レンタル.com