今更聞けない、葬儀でのお焼香のやり方【熊野市、 いなべ市なら明日お届け可能】

葬儀中、あまり意識せず行われるものの中に「お焼香」があります。やり方について説明されることもないため、

とりあえず「前の人と同じようにやっておこう」と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

お焼香には、「その香りで悪い気を払う」という意味やお亡くなりになられた方に煙や香りで気持ちを届けるという言い伝えがあります。

 

基本の動作としては、指で抹香をつまみ、額のあたりに掲げます。その後、香炉に落とすというものですが、

宗派によってはやり方が異なるため、気になる場合は一度確認してください。

 

また、お焼香を行う順番は亡くなられた方とご縁が深かった順に行います。喪主の方、ご遺族、親族の方の後に、

前の席から順に行っていくのが一般的です。

 

よく言われる「お焼香の回数」ですが、こちらも宗派によって異なるのが実際のところです。「こうでなければならない」

といわれる方も言われる方もおられますが、一番大切なのは故人を弔う気持ちです。もし回数が分からなければ、

ご自分の思う回数で行って問題ありません。

 

 

礼服レンタル.com