喪服にアクセサリーは必要なのか【大津市、草津市なら明日お届け可能】

和装が一般的だった時代、身を飾る装飾品は厳禁でした。その決まりは現代でもすたれることはなく、

結婚指輪以外のアクセサリーは和装での使用はマナー違反とされています。

 

洋装も和装と同じ流れを汲み、葬儀の場ではアクセサリーは不要と考える人も少なくありません。

 

しかし、海外での本来のマナーに倣い、洋装は「アクセサリーをつけて初めて完成される」という考え方の元、装飾品NGに異を唱える人もいます。

 

実際、洋装でのアクセサリーの使用は必要派を不必要派が拮抗しており、最終的な判断は個々に任せられる形になっています。

 

自分が必要であれば付けてよい判断されるパールのネックレスは「涙の象徴」と言われており、悲しみの席である葬儀では

一緒にお買い求めておいても良いでしょう。

 

ただネックレスの場合、二連もの以上になると不幸が重なるといった不吉なことを連想させます。

また、派手に見えるものや粒の大きなものは勿論NGとなります。

 

もし選ばれる場合は、慎ましやかな小粒の一連ネックレスが良いでしょう。

 

 

礼服レンタル.com