結婚式の招待状は二重敬語に要注意 【横浜、川崎なら明日お届け可能】

招待状を作成する際、「敬語の使い方」は注意すべきポイントの一つになります。相手をたてようとするあまり、

つい敬語に敬語を重ねがちです。しかし、敬語は礼服同様過剰な装飾は是とされていません。

 

一等格式の高い礼服が、礼儀を重んじる場にはふさわしくないなどといって、正しいマナーを知らずに極端な行動に

出るようなことは控えましょう。過ぎたるは猶及ばざるが如しで、格式高く見せすぎても、へりくだって見せすぎても、

尊ぶべき相手を軽視することになります。

 

一例ですが、先生にさらに「様」を付けるような、〇〇先生様という表現は件の間違った敬語の重複表現になります。

「先生」がすでに敬意を表す言葉なので、それ以上は丁寧にしようとせず、名前の後は普通に先生のみで締めるのが正解です。

 

一方、社長や部長というのは肩書なので、こちらは代表取締役社長などと、まず肩書を示してから指名を書いて「様」を綴ります。

肩書に様を付けず、きちんと名前を記入しましょう。

 

 

礼服レンタル.com