ご祝儀の分配はどうやって決める? 【横浜、川崎なら明日お届け可能】

結婚式で頂いたご祝儀をどう使うかという問いに対しては大多数の方がそのまま結婚式の費用に充てると答えています。

百万単位でまとまって発生する挙式費用の支払いにも、ご祝儀の存在を織り交ぜることで、全額負担の苦難の道を多少なりとも軽減することが出来ます。

 

ご祝儀の合計金額がいくらになるか先に予測を立て、それで大半が賄えるように予算を組み、挙式の計画を進めるカップルも少なくありません。

式費用の生産が式の後に置かれているサービスは、ご祝儀での支払いができるので人気です。

 

式を挙げる際に両親の援助を受けた場合は、ご祝儀は主に両家で分配されることになります。分配は資金援助に対する返礼なので、

出してもらった金額に沿って分配しなければなりません。

 

結婚の挨拶の時、両家の顔合わせの時、式での礼服についての認識を擦り合わせているときなどに分配方法についても話し合っておくのが良いでしょう。

礼服の格式も合わせて、両家に一方的な格差が生じないよう努めましょう。

 

 

礼服レンタル.com