結婚式と披露宴は何が違う? 【阿南、吉野川なら明日お届け可能】

「結婚式」と「披露宴」は移動や礼服の用意の都合から、現在では同日に行われるのが一般的になっていますが、

本質的には別口の行事で必ずしもワンセットで行わなければならないというものではありません。

 

言葉を交わし指輪の交換をし、夫婦になることを人々や神の前で誓うのが「結婚式」であり、

家族や宗教に婚姻を認めてもらい祝福してもらうだけであれば結婚式だけで目的は果たせます。

 

「披露宴」は式の完遂を経て晴れて夫婦になったことを近しい人に報告しお披露目する場で、両家はそのめでたさを共に分かち合ってもらうために、

宴を催し食事を振る舞います。ゲストとして招待された人々は、主催者の意を汲んで礼服で赴き、歓待を受けつつ祝福を贈る役割を担うのです。

 

結婚式を身内のみで行い、披露宴から友人や職場の仲間を招待するようにしたりと、招待者の意向によって出席者の顔ぶれが変わるのも、

二つのイベントの目的とする所が異なるがゆえです。

 

ですから結婚式後、披露宴の前に席を立つという時には、式への参列で義理は果たせたと考えるのではなく、

二人を祝福する宴に参加できないことを重く受け止め、一言詫びてから退席するのが礼儀となります。

 

 

礼服レンタル.com