結婚式では主役よりも目立ってはいけない【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】

結婚式の服装で一般参列者が注意すべき点は二つあります。一つ目はおめでたい場に相応しい華やかな礼服を身に付けること、

二つ目は主役を食うほど華やかな礼服は避けるべきということです。

 

結婚式のゲストは式を演出するキャストの一人でもあり、晴れの日を美しく飾り立てるために相応の美しさが求められます。

その条件を一番手っ取り早く満たすのが、主役と同じようにゲストもまたスーツやドレスといった格式の高い衣装を選択することにあるわけです。

 

そうして華のあるスーツやドレスで身を包むこと自体は問題ないのですが、式の主役である新郎新婦を立てる意識を忘れてはなりません。

新婦の色である白や新郎の親族よりも目立ってしまうのは場の空気を意味なく波立たせることになります。

 

結婚式では、祝いの場に着ているということを忘れずに、ゲストとしてなすべき行いをしましょう。

きらびやかな衣装は個人を飾るためにあるのではなく、場を飾るためにあるのです。

 

 

礼服レンタル.com