葬儀、通夜に参列できない場合はどうする?【長浜市、東近江市なら明日お届け可能】

葬儀または通夜に参加できない場合、きちんとした行動をしなければなりません。

まごまごしているとあっという間に通夜や葬儀は終わってしまうので、機会を逸しないよう対応する必要があります。

 

まず、遺族の方々に参加できないことを伝えましょう。電話で伝えることと、エールなども重ねて伝えることで誠意を示すことができます。

その後、速やかに弔電を送ります。電報だけでなく、郵便局のレタックスで弔電を送れます。

 

弔電を打ったら次は香典を送ります。香典袋にお金を入れ、香典袋ごと現金現金書留の袋に入れて送ります。

現金書留の袋にそのまま現金を送るのは知る艇になるため、必ず香典袋に入れましょう。

 

また、故人との関係が深い場合は、供花や盛籠を送ります。特に血縁関係のある場合は、供花や盛籠は必須です。

 

他にも、代理人を立てることができるのであれば、その人に香典を託し代わりに参列してもらう手もあります。

その場合、後日お仏壇にご再撮に伺うのが礼儀となりますが、関係性の薄い間柄であれば、代理人を立て香典を渡せた時点で大丈夫です。

 

 

礼服レンタル.com