葬儀で使用するネクタイは黒無地【生駒、香芝なら明日お届け可能】

男性の首元を彩るネクタイは、礼服スタイルでも欠かせないアイテムとなります。
とはいえ、礼服や喪服のコンセプトはスタイリッシュに着飾ることではありません。
そのためコーディネートの一部としてネクタイを選ぶことはできません。

葬儀のネクタイなどは「黒の無地」が基本で、それ以外はほぼ使用されないので、クローゼットの中に、
一本は黒無地のネクタイを持っておく必要があります。また黒であってもネクタイに柄がついたものはおしゃれ用なので葬儀には向きません。
よく見なければわからないうっすらとしたドットもストライプも、刺繍もアウトです。

その他には艶や光沢の加工が激しい、単純な黒ではなく黒光りしたネクタイも、喪に服す者が身に着ける品としては相応しくないとされます。
そうして手持ちの黒いネクタイの中から、アウトのラインを逐一見極めながら喪服のネクタイとしても使えそうなものを探すというのではなく、
初めから専用のネクタイを購入し備えておく方が失敗がありません。

礼服レンタル.com