葬儀で飾られる供花ってどんなもの?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

供花と書いて「きょうか」と読みます。漢字のニュアンスからも分かるように、供花は仏さまにお供えする花のことを指します。

仏様のみならず、死者へ手向ける花でもあり、葬儀に飾られる花は全て供花ということになります。

 

供花は弔意を表すために贈るものですが、必ず送らないといけないというわけではありません。

故人と親しかったりお世話になったりというときに香典とは別でお供えすると良いでしょう。

 

一般的に供花は花屋で注文します。最近ではネットでも気軽に注文できるので便利になりました。

故に、ネットが主流の時代では多くの方が供花を送るようになりました。ネットで注文できなかった時代は、

供花を扱う生花店を探し電話や口頭で注文するしかなかったので少々ハードルが高かったのでしょう。

 

葬儀の行われる会場には供花はつきものです。もし、故人に格別の思い出があるのであれば送らせていただきましょう。

遺族もきっと喜ばれると思います。

 

 

礼服レンタル.com