夏の暑い時期の喪服の選び方【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

地球温暖化の影響か、ここ数年夏の暑さが増してきています。

 

今まではオールシーズン用の喪服を一着持っていればなんとかなっていましたが、

猛暑の時期に葬儀や法事があるとオールシーズン用の礼服では少々厳しくなります。

特に、お墓でのお経がある場合、炎天下にさらされる時間も長いため、汗だくになってしまいます。

そのため、近年は夏用の喪服を用意される方が増えています。

 

夏用喪服の場合、男性物であれば生地が薄く軽い着心地が特徴です。風通しが良いため、

オールシーズン用と比較して涼しさが段違いです。私も着用しておりますが、夏の時期は

これ以外考えられなくなります。

 

女性物の場合だと、ワンピースの袖部分が薄かったり半袖のものが多かったりします。

喪服の場合、なるべく肌を露出しないことがマナーとなっているので、七分袖のワンピースが

あれば大変重宝します。また、ウエストの切り替えが無いスッキリとしたデザインのワンピースは、

体を締め付けすげず風通しがよいのが特徴です。

 

ただ一点、注意する点があるとすれば、葬儀場の館内は冷房が効いているため、ジャケットが

無いと肌寒い場合があります。念のためジャケットまたは黒のカーディガンを用意しておくと

良いでしょう。

 

 

礼服レンタル.com