清め塩って何?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

塩で清めるというのは神道の考え方になります。日本人の生活の中
には古来より神道の考え方が存在しており、穢れを払うという風習に
違和感を覚える人は少ないかもしれませんが、葬儀に立ち会うことや死者を
送る時に遭遇する死を穢れとは考えない仏教の考えでは、葬儀後の清めは
必要とされていません。参加後に清めの塩を渡さないのはそのためです。

 

とはいえ、神道にとって亡くなった人と接触を持つことがすべて穢れになる
というわけではありません。故人ではなく、故人によりついている邪気こそ
が穢れであり、その邪気を持ち帰らないようにするために清めの葬儀は行われます。

 

邪気を連れたまま家の玄関を通過してしまうと、侵入してくる悪いものを留める
ことが出来なくなります。清めの塩を使用する際は、必ず玄関をまたぐ前に使用
しましょう。

 

家の中に居る人の手を借り、誰もいない場合は自らの手でそれをひとつまみずつ
胸に背中に足元にかけ、付着したものは手で払いましょう。そうしてから家の中に
入るのが正式な清めの方法です。

 

 

礼服レンタル.com