■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

礼を欠かない正しい喪服の選び方、着方 【若葉、美浜なら明日お届け可能】

お葬式に出席する際、どうしても気になるのが喪服の着方です。失礼に当たらない着方が

出来ているかどうか不安になることもあるかと思います。現在は、ほとんど洋装がメイン

となっていますのでそちらの正しい着方および選び方を改めてご説明いたします。

 

男性の場合は、光沢のない生地を用いた黒の上下、インナーには白いワイシャツを着用します。

ネクタイは無地の黒が断然おすすめです。ネクタイピンやハンカチーフといった装飾物は、弔事

に関しては身につけてはいけません。靴は黒のビジネスシューズを選択してください。本来的に

は布地のものがベターなのですが、革靴もマナー違反とは言われていません。

 

次に女性ですが、やはり黒のワンピースやフォーマルなスーツを着用するようにしてください。

もちろん柄物ではなく、シンプルな黒無地が必須です。靴は黒のパンプスで、スカートの丈に

関しては露出の少ない膝より下に来るものを選びましょう。

 

アクセサリーは基本的にマリッジリングのみとされていますが、一連のパールネックレスは

「故人を偲ぶ涙の表れ」という意味も内包されており着用しても問題ありません。ただし、

二連のものは不幸を二度招くことを忌む意味合いから、マナー違反とされていますので注意が必要です

以上、男女の正しい喪服 着方と選び方を簡単にご説明しました。ともかくも過度に派手過ぎない

ラインを意識すれば、失礼に当たるということは無いものです。

 

 

礼服レンタル.com