葬儀でのヘアスタイルは控えめに 【田辺、橋本なら明日お届け可能】

葬儀という場では自分という我は押さえなければなりません。故人を偲ぶ場であるため当然といえば当然です。

しかし、女性は元来オシャレ好きなものです。中には葬儀の時にも自分なりのオシャレを追求したいと思い、

ヘアスタイルに拘る方もいるかもしれません。

 

ですが、葬儀は「見送る儀式」です。そこを忘れてはいけません。
派手なカラーリングで鮮やかなヘアスタイルを演出しようものなら、自己顕示むき出しの行為として周囲に

嫌悪感を与えてしまうはずです。

 

また、長い髪を持ってみたりロールをきかせてみたりというのは場違いも甚だしいと著しくあなたの評判を落としかねません。

 

もし、長い髪を持て余すようであれば、後ろでひとつにまとめて縛るかお団子にして引っ詰めるかしましょう。

清潔感があって、好感が持てます。

 

可能であれば髪をある程度カットしてこざっぱりとしたほうがいいかもしれません。兎に角、目立たないことを

心がけましょう。心を砕く場所は、ヘアスタイルにあらずと肝に銘じることが肝要です。

 

 

スーツレンタル.com