チャペルで結婚式を挙げる時の注意点【福知山、城陽なら明日お届け可能】

教会で式を挙げるチャペル結婚式は、キリスト教のみならずウェディングドレスの似合う

清楚で厳かな式にしたいという女性に人気です。

 

舞台となるチャペルにはキリストへの信仰を捧げるための教会と、式場や結婚式を行うための

形式的な建物があります。前者の場合はマナーやタブーに対して厳格な一面を有しています。

 

チャペル式の結婚式では参列者の過度な露出をタブーとしています。そのため、体温調節以外の

用途での肩や胸元の露出は過度な露出となります。なので披露宴用にパーティードレスを身に

纏うときはショールやボレロを羽織るようにしましょう。

 

宗派によっては光物を禁ずる場合もありますが、黒一色は逆に縁起が良くないとされています。

何事も過度になりすぎないようにすることが重要です。

 

また、チャペルでの結婚式は写真撮影でも注意が必要です。特にバージンロードや祭壇に足を

踏み入れてはいけません。良い写真を撮ろうとするあまりついつい足を踏み入れないよう注意しましょう。

 

 

礼服レンタル.com