葬儀の場で見る喪章とは 【高知、南国なら明日お届け可能】

葬儀の場で見られる黒い腕章やリボンのことを「喪章」
といいます。どちらも遺族やその関係者が故人を慎む心
を表すために付けるものです。

 

加えてもう一つ、多くの人が集まる場所で見える証を
使って、一般の参列者と立場の違いを明確にすると
いう狙いもあるため、故人との最後の挨拶をかわそう
という目的以外を持たない人は、腕章もリボンもつける
必要はありません。

 

近年では身内と関係者と参列者という垣根のない
「家族葬」というひっそりとした形の葬儀も増え
立場を示すまでもない状況も多く、逆に喪章が
効果を発揮する場は減りつつあります。

 

求められた時に正しく使用するには、多少の知識は
持っておかなければなりませんが、とはいえ喪章には
複雑なルールは存在しません。腕章なら左腕リボンなら
左胸と、左側につけることが弔意を示すことに繋がる
と覚えてさえいれば大丈夫です。

 

用意したい時は葬儀社や、仏具を扱うお店を頼り
ましょう。緊急時には、市販の黒いリボンと安全ピンで
対応してください。

 

 

礼服レンタル.com