喪服ワンピースの着丈で注意しなければならないこと 【海南、新宮なら明日お届け可能】

喪服ワンピースを着るときに注意しなければならないのが膝丈です。
膝上のワンピースは喪服として相応しくないため避けなければなりません。
一番よいのは膝がきちんと隠れる丈で、正座したときでも膝が
隠れていることが重要になります。

 

昔の日本女性は和服で葬儀に出ることが多く、その名残から
洋装が主流となった現在でも足が過剰に見えることを嫌います。
また、和服では考えられないことですが、ワンピースの喪服の場合、
丈によっては正座をした際に足が露出してしまいます。

ゆえに、ワンピースを着る場合は丈に用配慮しなければなりません。
あからさまに足が出ているものはマナー違反となるので注意しましょう。

 

少しかっこ悪くても膝下までスカート丈があるワンピースを
選ぶほうが失敗がなくていいでしょう。ふくらはぎの上の方まで
丈があるワンピースなら、着座したときにも足が露出しませんので
目安にしてみてください。

 

フォーマルを置いているお店で、購入前に試着して丈を再確認
してみると、安心です。

 

 

スーツレンタル.com