丈の合わないズボンはサスペンダーで調整 【さぬき、善通寺なら明日お届け可能】

礼服では、オーダーメイドと既製品の差は主にサイズ感で現れます。

 

肩幅から腰回り、股下まであらゆるところのサイズを計り、個人個人に
合わせたフィット感を作り出すオーダーメイド品に対し、既製品はあちら
を立てればこちらが立たずといった具合にどこかしらの違和感を覚える羽目に
なることが少なくありません。

 

体に合ったサイズを纏うからこそ映えるスーツや礼服を、既製品から
購入した場合には余計にです。

 

特に礼服のズボンは、ジャケットの陰に隠れて盲点となりがちで、
履ければいいという考えの下、大きめを買ったら裾が余り過ぎて
しまったなどの失敗談もたびたび聞かれます。ただそのありがちな
トラブルに比べて、対処法はあまり知られてはいません。

 

礼服のズボンの丈を調整する場合には、ベルトを使わずサスペンダーを
利用することで、2~3cmの裾上げは簡単に行えるようになります。
おなか周りを締め付けず、ズボンのラインをきれいに見せられる
サスペンダースタイルは、着こなしの面でもとても便利なアイテムです。

 

 

礼服レンタル.com