お悔やみの挨拶の時に注意すること【高島市、米原市なら明日お届け可能】

弔事の際、お悔やみの挨拶をすることがありますが、何の気なしに発言してしまうと

相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。そもそも、弔事では使用しては

いけない言葉も存在するのでなおのこと注意しなければなりません。

 

例えは、重ね言葉はNGとされています。
重ね言葉とは「しばしば」や「たびたび」「重ね重ね」といった同じ言葉を繰り返し

発言する言葉です。これは悔やみ事が繰り返し重なってしまうことを連想されるため、

お悔やみの挨拶としてはふさわしくありません。

 

また、数字にも注意が必要です。4や9は「死」「苦」をイメージさせるため、

使わないように意識しましょう。

さらに、直接的な生死の表現もマナーに適っていません。「死んだ」は「亡くなった」。

「死者」は「故人」と言い換えましょう。「生きていた時」という表現は以ての外で

「生前」という言葉を使うようにしましょう。

 

葬儀の形式とは異なる宗教の用語を使用するのも、必ず控えるようにしましょう。

仏式の葬儀にキリスト教や神道系の語句を用いるのはNGということです。

 

 

礼服レンタル.com