フォーマルな場でのリブソックスはNG 【葛城、宇陀なら明日お届け可能】

冠婚葬祭にはそれぞれマナーに則った専用の衣服や小物が数多く用意されています。

礼服はもとより、靴、袱紗、祝儀袋等々挙げ出したら枚挙に暇がありません。これは、

冠婚葬祭のマナーに混乱してしまいがちな我々一般人に対する助け船のようなもの

なのですが、「靴下」に関してはどうでしょうか。

 

黒の靴下を履いておけば問題ないと思っている方も少なくないかも知れません。

しかし、冠婚葬祭用の専用靴下というものもまた、世には存在するのです。

 

黒の無地というところは誰もがイメージするところですが、通常の、たとえば

スニーカーソックスなどとは違い、リブが入っていません。リブとはゴム網に

よる縦の凹凸ラインのことで、もともとは英語の「あばら骨」が語源とされています。

あばらのようにでこぼことした表面をしているということなのでしょう。

 

こうしたリブのあるソックスはフォーマルには相応しくないカジュアルなものなのです。

冠婚葬祭にはきちんと専用の靴下を使用するように意識してみてくださいね。

 

 

礼服レンタル.com