喪服に合うバッグの選び方【稲沢市 瀬戸市なら明日お届け可能】

きちんとしたフォーマルバッグを持っておくと、慶事でも弔事でも重宝します。

 

バッグは布製で光沢のない黒のものを選びましょう。ただし、革は殺生を連想

させるとして弔事では嫌われます。また光が反射するような金具が露出している

ものも不適切とされています。特にバックと持ち手のつなぎ目や開口部分に金具

が出ているかどうかをチェックしましょう。

 

黒一色で金具が出ていなくても、大きなリボンの飾りがついていたり形が丸など

装飾性の高いデザインのものも避けましょう。弔事の席ですので、地味で目立

たないものが適当です。

 

外観と同時に中の作りも大事ですね。持ち物は、数珠、香典、財布、ハンカチ、

ティッシュなどです。それらがちゃんと入るサイズで、中の仕切りが使いやすい

ものを丁寧に選びましょう。

 

最後に、フォーマルバックは長年にわたって使うものなので、型崩れしないバック

を選びましょう。縫製やデザインをきちんとチェックします。また、どうしても

廉価品は型崩れしやすいので保管に気をつけましょう。

 

 

礼服レンタル.com