葬儀用の数珠の選び方

日本のお葬式は仏式で行われることがほとんどです。仏式葬儀の参列者が持つ

唯一の仏具が「数珠」です。数珠をもって仏様に手を合わせれば煩悩が消え、

功徳を得られるといわれています。

 

数珠には大きく分けて、「宗派特有の数珠」と、どの宗派にも属さない

「略式数珠」がありそれぞれ「女性用」と「男性用」があります。他の宗派の

葬式に、自分の宗派の数珠を持って行っても失礼にはなりませんが、略式数珠

の方がどの宗派のお葬式でも気兼ねなく使えるので便利でしょう。

 

キリスト教など、他の宗教に帰依している方は数珠を持つ必要はありませんが、

場の雰囲気に合わせて略式数珠を用意されている方が、かなりいらっしゃいます。

 

数珠は、素材によって宝石を使った大変高価なものから、1000円前後の安価な

ものまでありますので予算の範囲で良いものをえらびましょう。黒で統一された

喪の装いの中、数珠はカラフルなものでも許されます。弔事ですので派手なもの

は避けるべきですが、自分好みのものを選びましょう。

 

 

礼服レンタル.com