喪服着用時に使用するストッキングについて【刈谷市 小牧市なら明日お届け可能】

葬儀に参列する場合、なるべく肌を露出しないことがマナーとなるので、

ストッキングを履くのが一般的です。では、どのくらいの薄さのストッキング

が葬儀において理想とされるのでしょうか。

 

実際、この判断は意見が分かれるところなのですが80デニール以上といった

タイツに近いものが「正装」というよりはカジュアルに近くなってしまうので

NGと言われています。

 

また40デニール以下の場合、透けすぎるので不適切だといわれる方もいらっしゃいます。

つまり、皆さまが感じられる意識によって判断が分かれるところなのです。

 

その中で、無難なものを選ぶのであれば60デニール程度が良いでしょう。この薄さの

ものは比較的多く出回っているので、礼服用として予め準備しておくことをお勧めします。

 

 

礼服レンタル.com