ポケットについているヒラヒラはどうするべき?【刈谷市 小牧市なら明日お届け可能】

昔からの言い伝えといいますか、どういう意味があるのかがわからないものを

耳にすることがあります。このポケットのヒラヒラの話もその一つではないで

しょうか。

 

この、ポケットのヒラヒラには、正式名称があります。名前を「フラップポケット」

といいます。もともとは、ポケットの中に雨がはいるのを防ぐためにつくられた

もので日本では「雨蓋ポケット」とも言われています。

 

「礼服の雨蓋ポケットは、中に入れるのがマナー」といわれるのを耳にしたことが

ないでしょうか?なぜ、このようなことが言われているかは、他の内容でも書き

ましたがルーツを探るとわかるものがあります。

 

洋装の正装と言えば「モーニング」になりますが、このポケットには雨蓋はついて

いません。実はここがポイントで、ポケットは蓋がないほうが正装に近いのです。

そこで、礼服についている雨蓋を中に入れることによって、正装に近づけよう

というのが、現在マナーのように言われているのです。

 

おおよそ知らない方が多いので、「絶対にこうでなければ!」と意識することは

ないと思いますね。

 

 

礼服レンタル.com