喪服を着る時の時計はどうやって選ぶ?【刈谷市 小牧市なら明日お届け可能】

葬儀を参列するときの基本は「目立たない」「地味」な服装であること

ですが、普段から身に付けている「時計」はどのようにするのが正しい

のでしょうか。

 

実際、定義があやふやなマナーの一つに「時計」があります。一般的に

言われているのは、派手な「金色の時計」、殺傷を連想させる「革製の

ベルト」などがNGというものですが、シルバーの時計については

「問題なし」といわれる場所と、そうでないところがあります。

 

また、「時計が、喪服に隠れているからいいだろう」と安心していると、

ご焼香や合掌の際に、キラキラした時計が出てしまったという失敗談も

耳にします。

 

これらのことから、私は「時計はつけない」ということを、お勧めして

います。男性の場合は、手に何ももたないことが望ましいといわれて

いますので持つ必要があるならば、ポケットにしまっていたほうがよい

でしょう。女性の場合はバックを持ちますので、その中にしまって

おきましょう。

 

 

礼服レンタル.com