結婚式に参加するときの衣装について 【江南市 大府市なら明日お届け可能】

華やかな結婚式に参加するときに注意すべきなのは、その日の主役

である「新郎新婦」をたてることです。晴れの場にそぐわないものは

避けなければならないので、ここでは最低限のガイドラインについて

お話します。

 

・男性の場合

礼服については「略礼服」であれば問題ありません。スーツならば

グレーや濃紺のものがいいでしょう。ネクタイについては、白または

シルバー。黒系のネクタイは、縁起が悪いといわれるので絶対に避ける

べきです。白に抵抗がある方は、カラーのネクタイでもOKです。柄に

ついては度が過ぎるものは避け、常識の範囲内で選ぶようにしましょう。

 

・女性の衣装

いくら華やかな席とはいえ、肌の露出が過ぎるものはNGです。また、白い

色のドレスなどは、新婦とかぶってしまうので避けてください。薄いピンク

なども光の加減によっては白に見えますので、濃い色目のものを羽織るなど

で対応しましょう。ドレスは、無地で単色のものを選びますが、新婦が

お色直しをしてかぶってしまったという例もあります。慌てることのない

ように、事前に確認をしていたほうが、よいでしょう。

 

 

礼服レンタル.com