香典と香典袋について 【半田市 東海市なら明日お届け可能】

弔事において、喪服などのフォーマルマナーについて注意する方は

多いですが、その他のちょっとしたことにおいても注意すべき点が

あります。そこで今回は「香典」についてお話します。

 

そもそも香典とは何かというと「香」という感じにもあるように

香や線香などの代わりに供える、お金のことを言います。ただし、

お金をそのままお渡しするのは失礼に当たるので「不祝儀袋(香典袋)

に入れるのですが、その際表面には「御霊前」と書きます。宗派に

よっては書き方が異なったり場合もありますが49日までは「御霊前」

49日より後は「御仏前」と書くのが一般的のようです。

 

文字を書くには、筆を使います。ただし、色は「薄墨」を使ったほうが

よいでしょう。これには、涙でにじんで薄くなったという意味が含まれ

ており、亡くなられた方への思いの深さを表します。筆ペンでも薄墨の

ものがあり、コンビニでも販売されていますので、1本用意されておく

ことをお勧めします。

 

不祝儀袋を閉じるときは、上をかぶせるようにして、下向きになるよう

にします。上向きにしてしまうと、お祝い事になってしまうので、

注意しましょう。

 

 

礼服レンタル.com