フォーマルな席での靴下マナー 【刈谷市 小牧市なら明日お届け可能】

あまり見えない部分なので意識することは少ないかもしれませんが、

フォーマルな席での靴下にもマナーはあります。

 

弔事の席はもちろんですが、結婚式などの慶事においても礼服を着る

場合の靴下は「黒」と決められています。これだけ覚えておけば、

特に失敗することはありません。

 

結婚式の披露宴で、一度だけカラフルな柄の靴下を履かれた方を見た

ことがありますが、なかなか悪目立ちをしていました。後々、写真など

でも残ってしまうので、この点はしっかり覚えておきましょう。

 

また、靴下を履いていないように見える「カバーソックス」もNGです。

いくら本人が「靴下を履いていますよ」と言ってみても周りからは、

素足にしか見えませんので、印象として「だらしなさ」だけが残ります。

短い靴下も同様ですが、普通のミドル丈を選ぶようにしましょう。

 

 

礼服レンタル.com